女子に嫌われる男子第一位「ED」その理由と症状

EDは意外なことに女性から最も嫌われる男子の第一位となっています。
なぜ嫌われるか理由を考えてみたいと思いますが、そのためにはEDについても良く知る必要あります。
EDとは男性機能に問題がある症状のことを指しますが、勃起不全や射精機能にトラブルがあるときに使われる用語です。
EDは肉体的なものによる発症することもありますが、精神的な要因によることも多々あります。
男性は日々の仕事などのプレッシャーから発症するなど日々の仕事や生活習慣を見直すことにより改善されることが多いのです。
パートナーを大事に思うがゆえに発症する例もあります。
夜の生活を楽しむことをイメージして改善するのが良いでしょう。
EDを女性の立場で考えてみると、女性にとっては大事な自分自身の体を許すわけであるので、ここで男性機能が発揮されないことは女性側から見ると、屈辱的であるとも言えるものです。
そんなに魅力がないのかと考えたり、他の女性との浮気なども考えてしまい、女子に嫌われる男子第一位の理由となっているのです。
EDの症状は勃起をしないというのは重症ですが、多くの場合は勃起はするが途中で萎えてしまうことや、いわゆる中折れ、挿入後に勃起状態が持続しない、射精までに至らないというのが多くの場合に報告される症状と言われています。
ED患者の多くは女性と性行為をするとうまくいかないが、一人では上手くいくということが多いものです。
一人で行うマスターベーション行為はうまくいくのですから、工夫次第で治療は可能です。
勃起状態を保つためにローションを活用するのも良いアイデアです。
射精寸前まで一人で行い、射精寸前にパートナーの協力を得て、合体し射精するという方法は、今後の改善には有効な手段です。
この方法で慣れてくると、自在に射精をコントロールできるようになりEDの症状を改善することが出来ます。
症状のセルフチェックは勃起状態の持続ができず行為に至っても射精が出来ないなどという症状が出てきたら要注意です。

あなたはED?セルフチェックをしてみよう

従ってまずはもしかしたら自分はEDか、と疑うような症状が少しでもあれば、セルフチェックによって自分がEDなのかもしくはその予備軍かなど、男性は自分のことを知っておくことが必要です。
チェック内容としては、勃起した際にそれを維持する自信がどのくらいあったか、という項目もあります。
また、勃起後にどのくらいの頻度で挿入可能な硬さになったのかということや、セックスの際に挿入後どれくらいの頻度でその状態を維持できたかということもチェック項目になります。
その他ではセックスの満足できたかどうかなどがチェック項目としてあり、これらを点数化してEDかどうか、もしくはEDの場合はどの程度なのかも判断出来ます。
EDは女性に嫌われる症状ですので、セルフチェックによって自分がEDだと認識した男性は即座に治療方法を考えることがベターです。
放置しておくと性交渉の旅にパートナーの女性をがっかりさせ、恋人関係や夫婦関係が破綻する場合もありますので、男性自身が事の深刻さに気付いて行動を起こさなければなりません。
女性というのは愛する男性との性交渉では精神的な満足も求めます。
目の前の男性が十分に勃起をして性交渉をしてくれれば自分に魅力を感じてくれていることも分かって満たされるのですが、中折れなどで途中でプレイが中断したりすると気持ちはどんどん冷めていきます。
男性がEDになる理由はストレスなど様々で、女性も頭ではパートナーの男性を気遣うのですが、そうはいってもEDのパートナーとこの先もずっと満足な性交渉が出来ないとなればやはり失望します。
従って男性としては放置して自然な回復を待つといった悠長なことは言えない症状です。
可能な限り早期の改善が理想なのです。